エッチ女子大生ピーチな体験談

   エッチ体験談 石井準一    セックス

 

 

 

俺はフリーのライターで、一度も結婚歴のない独身の中年男です。

最後に女性と交際したのは29歳のときですから、およそ16年間も恋人がいないことになります。

もともと俺は小説家志望だったのですが、現実はとても厳しいもので、懸賞に応募しても落選続き。

貧乏のどん底状態で、知り合いのつてでライター仕事を紹介してもらい、それなりの生活ができはじめたころには四十の坂を越えていました。

今は生活のために、小説よりも弱小週刊誌のライター仕事が中心になっており、女性にアタックするような気力や体力もなくなっていたんです。

仕事場はもちろん自宅のアパートで、将来のことを考えると、不安感に押しつぶされそうでした。

 

そんなある日、隣の部屋にひと組の夫婦が引っ越してきました。

二人はすぐに挨拶に来てくれたのですが、奥さんを見たとき、私は一瞬にして心ひかれてしまいました。

歳のころなら三十代前半でしょうか。

ぱっちりとした大きな目、小さな鼻、ぷっくりとした唇と、ベビーフェイスにもかかわらず、彼女はとても豊満な体つきをしていました。

セーターの胸元からいまにもこぼれ落ちそうなバストや、腰回りも横にパンと張り出していて、まさに私好みの愛くるしい女性でした。旦那さんのほうは異様に若く、好きなときに彼女を抱ける彼を私はうらやましと思うとともに、今の自分の状況と比較し、すっかり落ち込んでしまったんです。

表札から、奥さんの名前は『秀美』
だと分かりましたが。

私はその日から彼女の淫らな姿を妄想するようになりました。

いちばんきっかけになったのは、夜な夜な隣の部屋から夫婦の営みが聞こえてくることでした。

今住んでいるアパートは壁がとても薄いんですが、二人はそのことにまだ気づいていないようで、最初は旦那さんがアダルトビデオでも観てるのかと思ったんです。

なぜなら喘ぎ声に混じり、女性の卑猥な言葉がときおり聞こえてきたからです。

『あぁ、あなた。もっと奥まで突いて』

『オチンチン、硬いぃぃぃっ』

『オマンコいい、オマンコいいの』

男の性欲だけを刺激するようなセリフがバンバン聞こえてくるのですから、勘違いしてしまうのは無理はありません。

喘ぎ声が秀美さんのものだとわかったのは、旦那さんが放った、『秀美、もう勘弁してくれ。明日は早朝から会議があるんだから』
という言葉からでした。

こうして週に4日は秀美さんの喘ぎ声が洩れてくるのですから、こちらはたまったものではありません。

可憐な容姿とのギャップに新鮮な刺激を受けた私は、仕事そっちのけで年甲斐もなく、何度もオナニーで欲求を発散してしまいました。

 

ところが秀美さん夫婦が引っ越してきてからふた月も経たず、とんでもない事態が発生しました。

いつもは夜しか聞こえてこない女性の喘ぎ声が、平日の午後2時ごろに聞こえてきたんです。

もちろんその声がアダルトビデオなどではなく、秀美さんの声であることははっきりとわかっていました。

私は、てっきり旦那さんが何かの理由で会社を休んでいるのではないかと考えたのですが、その日の夜、夕食を買い出しにいったとき、駅の方角から歩いてくる旦那さんの姿を見かけたのです。

まさかと思いながらも、あの奥さんが旦那の留守に男を連れ込んでいるとは、とても信じられませんでした。

秀美さんは私のなかで、一種のアイドル的存在となっていましたし、どうしても認めたくなかったんだと思います。

それから週に二日は、昼間に彼女の喘ぎ声を聞く日々がひと月ほど続きました。

そして仕事の打ち合わせから夕方に帰宅した際、私はついに秀美さんの決定的な浮気現場を目撃してしまったのです。

階段を昇って自分の部屋に向かう最中、突然秀美さんの部屋の扉が開き、私は回り込むようにして横を通り過ぎました。

当然、秀美さんが買い物にでも出かけるのだろうと思いながら会釈をしたんですが、彼女はなんと扉の裏側で見知らない男と熱い抱擁を交わしていたんです。

ドアが遮断幕になっていたので、誰にも見られてないだろうと思ったのかもしれません。

男は背中を向けており、私の存在には気づかなかったようですが、秀美さんとは視線がしっかり合ってしまい、私はあわてて自分の部屋へと逃げ込みました。

秀美さんは、やはり夫の目を盗んで不倫をしていた。

あまりのショックに打ちひしがれ、私は全身から力が抜けていくようでした。

食べ物ものどを通らず、その日は着の身着のまま、布団をかぶってふて寝をしていたんです。

 

午後7時過ぎぐらいでしょうか。

部屋のインターホンが鳴り響き、やや甲高い女性の声が聞こえてくると、私はハッとしました。

『平山さん、います?ちょっといいですか』

その声は、間違いなく秀美さんでした。

『いったい何の用だろ?ひょっとして、言い訳でもしにきたんだろうか。それとも旦那さんへの口止めを頼みにきたのかな』

不貞の現場を隣の部屋の住民に見られたわけですから、普通の女性ではとても顔を合わせられないはずです。

なんにしても、私はすぐさま玄関へ向かい、部屋の扉を開けました。

『ごめんなさい。こんな時間に。迷惑ですか?』

『いえ、そんなことは…ありませんけど』

『平山さんて、パソコンには詳しいですか?』

『は?』

『実は、メールが突然使えなくなって。
もし時間がありましたら、ちょっと見てもらえないかと思いまして』

『パソコンは仕事で使用しているのである程度なら分かりますが…』

秀美さんはいつもと変わらぬ明るい笑顔で、夕方の一件などすっかり忘れているかのようでした。
私も拍子抜けしながらも、固い表情は少しも崩しませんでした。

『で…でも、旦那さんは?』

『今日は主張で、帰ってくるのは明日なんです。
知人にどうしても緊急のメールを送らなくちゃいけなくて。
お願いします!』

夫が主張という話を聞き、彼女は男と会っているいるときは油断したのだなと、私はピンときました。
それでも密室の中であこがれの人妻と二人きりになれるのですから、こんなチャンスはめったにありません。

『わ、分かりました』

旦那さんが留守ということで、ようやくホッとした私はサンダルをはき、秀美さんに導かれるまま、お隣の部屋へと向かったんです。
ほんのちょっぴりだけ期待しながら…。

メールの不具合は、単にアカウントがオフラインになっていただけだったんですが、秀美さんは後ろから抱きつくように体を寄せ、巨乳を肩にグッと押しつけてくるんです。

この時点で、私は頭がカッと熱くなり、久方ぶりに激しい性欲に衝き動かされていました。

『助かりました。ありがとうございます』

『メ、メール、知人に送っておきますか?』

『お願いします』

メールを送った直後、秀美さんは耳元に唇を近づけ、ささやくように言ったんです。

『さっき…見ましたよね?』

『な、何のことでしょう?』

心臓をドキドキさせながら、私はとぼけました。

もちろん最初から旦那さんに告げ口などするつもりはなかったですが、秀美さんはかなり心配していたようです。

私の太ももに温かい手のひらを這わせてきて、しなを作りながらつぶやいたんです。

『あの人、昔の彼なんです』

『そ、そうなんですか』

『最近の主人は仕事のほうが忙しくてあっちほうも昔から淡白なんです。
私、さびしくてさびしくて』

秀美さんが嘘をついていることは分かっていました。

こちらは、週に何度も夫婦の営みを聞かされているのですから。

いくら若いとはいえ、あれほど求められたら、どんな男でもインターバルがほしいと思ってしまうでしょう。
秀美さんは旦那さんの営みでは我慢できずに、元カレを呼び出したのでしょう。
外見の愛くるしさからは想像もつかないまさかの性格にショックを受けながら、私の股間は激しくいきり勃っていました。

 

私にとっては悩ましい女性である ことには違いないのですから、心臓はドキドキと鼓動を打ち、全身の筋肉はガチガチに硬直していたんです。

『夕方見たこと、主人には内緒にしてくれますか?』

『も、もちろんです!人の家庭を壊すようなマネはしません』

汗だくになりながら返答すると、秀美さんはニッコリ笑いながら私の手を取り、たわないバストへと導いたんです。

『ありがとうございます。お礼とはいってはなんですけど…』

潤んだ瞳、上気した頬、濡れた唇を舌先でなぞり上げた瞬間あまりの強烈なセックスアピールに私の頭の中は真っ白になりました。

気がつくと、私は椅子から立ち上がり、秀美さんを床に押し倒して首筋にキスの雨を浴びせていたんです。

『あぁん。あわてないで』

私のほうが年上でしたが、生身の女性を抱けるなんて久しぶりのことです。

まるで童貞のときのように胸が昂り、まさしく飢えた獣そのものでした。

ふんわりとしたふくよかな体の感触に夢中になりながら、スカートをまくり上げると、秀美さんは自ら唇を重ね合わせてきました。

むさぼるように舌を吸い、唾液を絡め合わせているだけでこらえような狂おしさが突き上げてくるんです。

秀美さんの股間の中心は、生温かい湿った空気が充満していました。

指先でショーツの布地の上から縦筋をなぞり上げると、『あンっ』
というかわいらしい声をあげます。

私は中指で、小刻みな回転を与えました。

みるみるうちに愛液が布地からしみ出し、指先にねっとり絡んでくると、秀美さんも負けじとばかりに股間の膨らみを撫で上げてくるんです。

『うっ!』

『ふふっ』

全身をこわばらせた瞬間、秀美さんは妖しげな含み笑いを洩らし、体を反転させながらのしかかってきました。

 

その顔は、まさに淫乱そのもの。

彼女は私のズボンのホックをはずし、ゆっくりと引き下ろしていきました。

ただそれだけの行為でトランクスの前部分は凄まじいばかりの勃起を示し体の中では性欲の嵐が吹きすさんでいるような状況です。

『平山さんの…大きいわ』

秀美さんは上目づかいでつぶやくと、パンツのウエストに両指を添え、ゆっくりと引き下ろしていきました。

硬くなったペニスは、自分でもビックリするほど昴っていました。

茜色の亀頭はがっちりとえらが張り、胴体には太い血管が何本も浮き上がって、いまにも破裂しそうです。

『凄い。平山さんって、おいくつなんですか?』

『よ、四十五です』

『四十代半ばで、こんなにカチカチになるんですか?信じられない』

そう言いながら、秀美さんが右手でペニスをシュッシュッとしごき上げると、私は早くもあごを天井に向けていました。

『あ…くぅ』

『ふふっ』

秀美さんはよほど好色なのか、よがる男の表情を見るのが好きなようです。

私の顔をじっと見つめながら、半開きになった唇のすき間からペニスに唾液を滴らせ、私は恥ずかしさで腰をくねらせていました。

『あぁぁぁっ』

人妻の放った透明な粘液が、亀頭から根元に向かって滴り落ちていくのですから、淫靡なことこのうえありません。

ハチミツを塗りたくったようなペニスがビクビクと震えた瞬間、秀美さんはまたもやささやくようにつぶやきました。

『しゃぶってほしい?』

『あぁ…しゃぶって、しゃぶってくださ…あっ!?』

言い終わらないうちに、秀美さんはがっぽりとペニスをのどの奥までくわえ込んだんです。

いきなりのディープスロートに、私は目をひん剥いていました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 近親相姦まではしていませんが、まかり間違えば近親相姦まで行ってた体験話をします。俺は中学生の頃から数年間、ひたすら実の妹をオナニーのオカズにしていました。

きっかけは当時小学6年生だった妹が、学校から帰ってリビングでテレビを見ているうちに寝てしまった時です。その時妹はちょっと短めのスカートを穿いてたんですが、ソファーであおむけになりひざを立ててたので、中の白いパンツが見えたことでした。

冬だったので黒いタイツを履いていたのですが、結構薄手のタイツだったので白いパンツは透けて見え、俺は不覚にも勃起してしまいました。

 

 母はちょうど買い物に出かけ家には妹と2人きり、俺はスカートの中が一番見える角度に移動し、気配で妹が起きてしまわないような距離まで近づきましたました。

オカズが実の妹であることに何の抵抗もなく、射精する気満々でティッシュも用意し、ズボンを下してチンポを取り出してシコシコ始めました。

「このタイツとパンツを引きずり降ろして挿入したい」そんないけないことまで考えてました。(もちろん考えただけです)

黒いタイツに包まれたフトモモの奥にあるパンツを凝視し、手は最大限勃起したチンポを激しくピストン運動させ、ついにはティッシュにドクドクと出しました、自分でも驚くくらいのすごい量でした。

これが妹をオカズにした一番最初です。

 

 2度目はなんとその夜でした。一回目のオナニーで果てた後、「俺は実の妹でオナってしまった」と言う嫌悪感に襲われたのですが、時間がたつと思い出してムラムラしてきました。

夜も遅くなった頃に「もう我慢できない」と言う気分になり、寝ている家族を起こさないようにお風呂の脱衣場に行きました。そこにはいつも家族がその日に着た下着などを、洗うために置いてあるのを知ってたからです。

それまでも幾度となく妹の脱いだパンツは目にしてきましたが、先日までは見ても全く何も思いませんでした、でもその日は違ってました。

パンツに手を伸ばそうとするだけで俺の心臓は高鳴りました、そして手にしたパンツを嗅いだんです、アンモニアのような匂いがしてとてもいい匂いとは言えませんでしたが、とても興奮しました。

 

 次に一緒に脱いであった黒いタイツも手にしました、「あのムチムチした妹のフトモモに密着していたタイツだ」と思うとパンツ同様手にせずにはいられませんでした。

蒸れて臭そうなつま先の部分は避けてほかの部分を嗅ぎました。股の部分はパンツと同じ匂いでしたが、それ以外の部分はとてもいい匂いでした。

文字で表現すると難しいですが、分析すれば妹の汗とか埃とか前に洗った時に残った洗剤の匂いだったんでしょうが、なんとも性欲がそそられる匂いでした。

俺は後先考えず「このタイツの匂いを嗅ぎながら、パンツに出そう」と考えて、パンツをチンポにかぶせタイツを鼻に持って行って、オナニーを実行しました。

オナニーを始めて間もなく射精し、白い綿のパンツは俺のザーメンを吸収しました。

 

 気持ちよかったのもつかの間、興奮が冷めると「とんでもないことをした」と我に返りました。当然のごとくパンツはザーメンでベトベトでした。

これを何とかしないと翌朝母親が洗う時にバレてしまう、そう考えると恐ろしくなりました。

バスルームでジャブジャブ洗って何とかザーメンの形跡は消しましたが、濡れたままではやはり母親に不審に思われます。

考えた末、部屋に持って行ってヒーターの温風で乾燥させることにしました、季節が冬で良かったです。

 

 ところが乾燥させてる間にパンツを見てるとまたムラムラしてきました、でもまたパンツに射精したら二の舞です。そこでもう一度脱衣場に行き、タイツを持ってきました。

「匂いだけで出そう」と考えたのです、それくらい妹が穿いた後のタイツはいい匂いでした。

3度目はタイツを嗅ぎティッシュに出しました、量は多くなかったけど快感は味わえました。

そしてパンツが乾くのを待って、タイツと一緒に脱衣場に返しました、真夜中になってました。

 

 次の日からしばらくドキドキものでした、母親にバレたんじゃないかと心配でたまらなかったからです。でも次の日もまた次の日も母親は普段通り俺に接してました。数日経ってようやく「バレてない」と確信し安心しました。

その後もたびたび妹のパンツやタイツをオカズにしました。妹が高校生になるとストッキングを穿くようになったのでこれも当然使いました。

ストッキングはよく伝線させてたので、これには気兼ねなく射精できました。匂いもタイツよりいい匂いがしてました。